ラクトフェリンが持つ働き|ラクトフェリンの選び方

ラクトフェリンが持つ働き

ラクトフェリンが体にいいもの、という認識はあっても、どんな効果があるのか、どんな働きをしてくれるのかがはっきりしないままで摂取するのは勇気がいりますよね。自分自身にいい働きをしてくれる成分なのかを知ることから始めてみましょう。ラクトフェリンが持つ効果や働きをご紹介します。

 

元気な体を維持できる

ラクトフェリンの一番注目したい働きが、免疫力アップです。自分の免疫力について、あまり考えたことはないですよね。でも、体調を崩しやすい人や、不調が長引きやすい、というような自覚がある人は、免疫力が低下している可能性が高いでしょう。人間が元気で生活できるのは、この免疫力が大きく関係しています。

 

毎日たくさんの悪い細菌やウイルスなどに囲まれて生きています。人間は無菌状態で生活することはできません。その悪い細菌やウイルスは体内に入り込んできます。その時に力を発揮するのが、免疫細胞ですね。免疫細胞は体に悪い影響を与えるようなものが侵入してきたら、それをやっつけてくれます。そのおかげで、人間は元気で生活が送れるような仕組みになっているのです。
免疫力が強く保てていれば、ちょっとした不調も感じにくくなりますし、何より大きな病気をすることも減るでしょう。例えばですが、命の危険もある大きな病気であるがんでも、免疫力が高い人はかかりにくく、がんになりにくいといわれています。健康維持のすべては免疫力の高さです。

 

赤ちゃんが飲む母乳に含まれているのも、同様の意味があります。母乳しか飲まない赤ちゃんにとって、体を細菌やウイルスから守ってくれる働きがラクトフェリンにあれば、健康で元気に成長していけます。まだ赤ちゃんには免疫力がしっかりとついていないので、ラクトフェリンが代わりに守っています。

 

体の酸化を防ぐ

体は酸化するもので、活性酸素が過剰に発生し、老化してしまいます。活性酸素は本来人間に必要なものではありますが、あまりありすぎても体にとってはよくありません。正常な細胞までもやっつけてしまいます。
ラクトフェリンは活性酸素が発生しすぎないように働いてくれます。活性酸素の増加が防げれば、体が酸化せずに、若々しさをキープできます。最近は活性酸素の影響による老化が問題とされているので、抗酸化作用のある成分が注目されています。ラクトフェリンで活性酸素の増加を防ぎましょう。
健康だけではなく、美容にも役立てることができる成分が、ラクトフェリンです。