気になる副作用|ラクトフェリンの選び方

気になる副作用について

ラクトフェリンを摂取することで得られるメリットや健康・美容への効果を知っても、摂取することに対して少し不安はないでしょうか。特にラクトフェリンは食事から摂取する栄養素としては難しく、サプリメントを摂取することになるでしょう。そのため、今までサプリメントを摂取したことがない人は、ラクトフェリンサプリメントを摂取することで副作用はないのか、心配になりますね。ではラクトフェリンに副作用はないのか、考えていきましょう。

 

ラクトフェリンに副作用はなし

ラクトフェリンは、母乳に含まれている成分です。タンパク質の一種ですし、生まれてきた赤ちゃんの多くが口にすることになりますね。そのため、基本的に副作用はないと考えていいでしょう。
今までラクトフェリンを摂取して起きた大きな副作用は報告されていません。安心して摂取できる成分です。
ただし、副作用は起きていないとは限りません。ちょっとした体調の変化でも、それがラクトフェリンの副作用だった、なんてこともあります。飲んでいる本人も副作用だとは思いませんよね。ちょっとした変化であればすぐに改善しますし心配もないでしょう。

 

副作用が起きる可能性は?

副作用が起きない成分だとお話をしましたが、副作用に全く気をつけなくていいのかといえば、そういうわけではありません。サプリメントで摂取するとなると、ラクトフェリン以外の成分も配合されています。その成分の過剰摂取や、人によってはアレルギーがあるかもしれません。

 

過剰摂取の副作用といってもそれほど過度に飲まない限り発生しないでしょうが、やはり量には気をつけて摂取するようにしてください。サプリメントには必ず、推奨量というのが定められています。ラクトフェリンは1日あたり、150mgの摂取が基本とされています。それ以上の制限は特にないのですが、たくさん摂取しすぎると体に影響を与えすぎてしまう恐れがあります。
また配合されている他の成分や、添加物などの摂取量が増えすぎることにも気をつけなくてはいけません。

 

せっかく体のためにと思って飲み始めているサプリメントが、自分の体を反対に不調に導いてしまう、なんて辛いですよね。自分にとって本当に必要な量を、適切に飲むように心がけましょう。
副作用かもしれない、と思うようなことがあれば、無理はしないでください。自分のことは自分が一番わかっているはずなので、おかしいなと感じたら、一度飲むのを中止して薬剤師や医師に相談できるといいですね。