腸内環境の改善|ラクトフェリンの選び方

腸内環境の改善

腸は第二の脳といわれているぐらい、人間にとっては重要な臓器とされています。腸内環境の乱れによって、健康にも美容にも影響が出ることは知っていますか?なんだか不調が続くなと感じるときは、もしかして腸内環境が悪い状態になっているかもしれません。大切な腸内環境を維持するために、そして今は悪い状態になっている腸内環境をいい方向へ導くために、ラクトフェリンを役立てましょう。ラクトフェリンと腸内環境の関係について、ご紹介していきます。

 

腸内環境がいい・悪いってどういうこと?

腸内環境を改善するといっても、今自分の腸内がどんな状態になっているかを見ることはできませんよね。いい状態というのは、不要なものがなくてキレイな状態、そして体内に入ってきて腸まで届いた栄養素をしっかりと腸壁が吸収できる状態のことです。いいものを吸収して、悪いものを排出する、それが腸本来の働きですね。
では腸内環境が悪くなっていると、どうなってしまうのでしょうか。腸が排出や吸収の働きを十分にできず、悪いものが溜り続けます。そしていいものも吸収しづらくなるでしょう。悪いものは長く腸に居座ると腐敗していくので、腸内全体に悪い影響は広がります。その影響は腸内だけにとどまらず、腸壁から全身へと送られます。腸内環境がいい状態か悪い状態かによって、人間の体はかなり影響を受けてしまうでしょう。

 

腸内細菌をラクトフェリンでバランス良く

腸内環境を整えるためには、ラクトフェリンで腸内細菌をバランスよく保つ必要があります。
人間の腸内には善玉菌と悪玉菌、日和見菌といった3種類に分類される細菌がいます。善玉菌が優位である腸内環境は、いい状態といえます。善玉菌がいい働きをしてくれるからです。
でも悪玉菌が優位に経つと、一気に腸内環境は悪化していきます。日和見菌に関しては、どちらか強い方の味方をするという立ち位置になっているので、善玉菌を優位な状態にしておかないと、悪玉菌の味方になってしまったときが大変です。

 

ラクトフェリンは、悪玉菌が繁殖するために必要だといわれている、鉄と結合します。悪玉菌が結合する鉄が減るので、繁殖できない状態を作り上げることができるでしょう。善玉菌はその間に繁殖をして、善玉菌優位の腸内環境を目指すことができます。
腸内環境は目に見えるものではありませんが、健康や美容に気をつけるなら常に意識しておかなくてはいけません。善玉菌優位でいい状態の腸内をキープしたいですね。